キャストモールド製法

キャストモールド製法とは、カラコンの製造法のひとつです。レンズの素材の中に着色料を混ぜて型に入れてカラコンを作るので、薄くてつけ心地の良いレンズを作ることができます。レンズが薄いので酸素透過性もよく、目が乾燥しにくく目の負担は少なくなります。

 

しかし、その一方でデメリットもあります。キャストモールド製法で作られたレンズは非常に薄く柔らかいため、時として破れる危険性もあります。その結果、内包している着色料が漏れて眼球に触れ、痒みや痛みなどのアレルギー症状を起こすこともあります。安全性の面では、サンドイッチ製法やセミキャストモールド製法のレンズよりも劣ります。使用上の注意をよく読み、正しく使用するようにすると良いでしょう。

 

 

>>安全なカラコン通販ランキングはこちら

キャストモールド製法関連ページ

EU加盟国の基準を満たすCEマーク
EU加盟国の基準を満たすCEマークについて紹介しています。
医療用語:FDAとは
FDAについて紹介しています。
医療用語:KFDAとは
KFDAについて紹介しています。
サンドイッチ製法
カラコンのサンドイッチ製法について紹介しています。
セミキャストモールド製法
カラコンのセミキャストモールド製法について紹介しています。